工事区分表の必要性

工事区分表とは、新築工事・改修工事・原状回復工事等を行う際、ビルオーナーとテナントどちらの費用負担で、どちらの責任のもとで行うのかを明確にした表のことです。工事区分について十分に理解していないと認識のズレが生じ、トラブル… 続きを読む »

テナント間のトラブルに巻き込まれた場合

入居テナント間のトラブル 入居テナントは、ビルオーナーにとって大切な顧客です。テナントへの適切な対応はビジネス上重要ですが、対応が難しい局面も多々あるでしょう。その内のひとつが、入居テナント間のトラブルではないでしょうか… 続きを読む »

建物を一括賃貸するリスク

ご所有の建物をテナント様へ一括で賃貸をするケースにおいて、引き渡した後の建物本体や付属設備の点検、維持、監理区分をテナント様にて実施する取り決めをした場合、テナント様へ建物に関する管理も一任する事となるので、一見するとオ… 続きを読む »

解約の取り下げは可能か?

賃貸物件をご所有のオーナー様、ご参考までに一読下さい。 入居テナントが契約の解約を申し入れて、その後解約の取り下げが可能かどうかについてです。 解約の取り下げは「原則不可」です。(民法540条第2項)   解約… 続きを読む »

更新を忘れてしまった場合のリスクとは

賃貸契約期間満了にあたり、契約の終了時期を延長し、同一の契約を引き続き存続させることを「更新」といいます。 この更新の手続きを忘れるとこれまでの契約はどうなるのでしょうか?そんな更新の手続きを忘れてしまった場合のケースを… 続きを読む »

テナントの破産

入居テナントが破産したらどのようなことが起こるのでしょうか。   まず、破産とは何でしょうか。裁判所のサイトには次のように記載されています。 「破産手続は,裁判所が破産手続の開始を決定し,破産管財人を選任して,… 続きを読む »

代理納付に関して

賃貸経営をされているオーナー様の中には、賃借人さんに賃料を滞納されて困っている方もいらっしゃるのではないでしょうか。 賃貸借契約を締結する際に、賃借人に家賃保証会社に加入を義務付けている場合はまだしも、そうでない場合は、… 続きを読む »

賃料滞納テナントに出す内容証明の書き方

入居テナントが賃料滞納をした際には、段階をおって法的な対応をしていかなければなりません。その途中の段階で必要となるのが内容証明郵便です。 内容証明郵便とは、「誰が」「誰宛てに」「いつ」「どういう内容の郵便を」送ったのかを… 続きを読む »