「不動産関連法律」一覧

賃料を増額したい場合

不動産経営にあたり、オーナー様のなかにはテナントより賃料減額の相談を受けたことのある方もいらっしゃると思います。賃料の増減は、すなわち=「資産の増減」となり、不動産経営において収益に直結する、大変重要な項目の一つだと思い… 続きを読む »

2023年度不動産に関する民法改正法令

2021年に4月に民法改正され、2023年4月に施行されました。概要は以下の通りになります。 近年増加している所有者不明土地の利用を促進化する目的で改正されており、今後所有者不明の土地の発生予防の為に不動産登記法も改正さ… 続きを読む »

テナントから看板設置数の変更要望が出た場合

テナントが看板の設置数を変更したいという相談に対して、適切な対応と確認すべき内容について下記のようなものがございます。 屋外広告物法や景観法などの関係法令の確認 建物が所在する各自治体ごとの屋外広告物法や景観法などの関係… 続きを読む »

不動産相続登記義務化について

2024年4月1日より、不動産の相続登記が義務化されます。今回はその影響と対策について解説します。 土地の利用促進 今回の法改正の主な目的は所有者が不明な土地の発生を予防し、土地の利用を促進させることです。 施行にあたり… 続きを読む »

不動産関連の資格について

不動産業務には数多くの資格が存在します。今回はその中でも国家資格かつ業務独占資格をご紹介いたします。 ■宅地建物取引士 (業務独占、必置資格) 宅地建物取引士は、宅地建物取引業法に基づき定められている国家資格者です。宅地… 続きを読む »

反社チェックとは

反社チェックとは建物オーナーの立場でみれば「借主」「入居者」「取引業者」が反社会勢力に当てはまっていないか、反社勢力と関係のある団体でないかを確認する作業で、コンプライアンスチェックとも呼ばれています。 なぜチェックする… 続きを読む »

J-REITとは

J-REITとは「Japanese Real Estate Investment Trust」の略称で日本の不動産投資信託です。 REITとは一企業が複数の投資家から集めた資金でオフィスビルや商業施設、マンションなど複数… 続きを読む »

インボイス制度とは?

インボイス制度とは、令和5年10月1日から導入される消費税の仕入税額控除の保存方式です。インボイス制度が導入されると、適格請求書発行事業者以外の課税事業者や免税事業者からの仕入に仕入税額控除が出来なくなります。 インボイ… 続きを読む »

子メーターの期限切れについて

1.メーターの種類(親メーター・子メーターとは) 供給事業者(電気=電力会社、水道=水道局)がオーナーにビル全体の電気・水道費などの利用料金を請求する為に検針するメーターを親メーターといいます。それに対し、区画ごとに電気… 続きを読む »

屋外広告物の許可申請

1.屋外広告物とは ①屋上広告塔②屋上広告版③壁面広告④袖看板⑤建植広告板 ⑥広告版⑦立看板・のぼり旗・置き看板⑧袖付き広告・巻き付け広告⑨アドバルーン 「屋外広告物」とは、次の要件を全て満たすものと定義されています。 … 続きを読む »

大規模小売店舗立地法(大店立地法)とは

「大規模小売店舗立地法(以下「大店立地法」という)」は、「大規模小売店舗における小売業の事業活動の調整に関する法律(大店法)」に代わって制定され、1998年6月3日公布、2000年6月1日から施行されています。 大規模小… 続きを読む »

解約の取り下げは可能か?

賃貸物件をご所有のオーナー様、ご参考までに一読下さい。 入居テナントが契約の解約を申し入れて、その後解約の取り下げが可能かどうかについてです。 解約の取り下げは「原則不可」です。(民法540条第2項)   解約の取り下げ… 続きを読む »

更新を忘れてしまった場合のリスクとは

賃貸契約期間満了にあたり、契約の終了時期を延長し、同一の契約を引き続き存続させることを「更新」といいます。 この更新の手続きを忘れるとこれまでの契約はどうなるのでしょうか?そんな更新の手続きを忘れてしまった場合のケースを… 続きを読む »

公正証書とは?

不動産の契約でたまに耳にする「公正証書」という言葉。今回はこちらについて簡単に説明していきたいと思います。 公正証書とは 公正証書とは、当事者の申立てに基いて公証人が公証役場で作成する契約書・合意書等のことをいいます。 … 続きを読む »

用途変更とは

用途変更とは、ある建物の新築のときの使いみちを、別の使いみちに変えるための手続きのことを言います。 例えば、新築時「物販店舗」として申請・使用していた建物(区画)を、新たに「飲食店舗」として使用するには、用途変更という手… 続きを読む »

更新後の連帯保証人の責任

連帯保証人は、建物賃貸借契約における責任として、賃借人の負うべき債務の全てを保証することとなります。例としては、賃料の不払い時の賃料支払い義務や、原状回復をせずに明渡しをした際の原状回復義務などです。このように、連帯保証… 続きを読む »

テナントの破産

入居テナントが破産したらどのようなことが起こるのでしょうか。   まず、破産とは何でしょうか。裁判所のサイトには次のように記載されています。 「破産手続は,裁判所が破産手続の開始を決定し,破産管財人を選任して,その破産管… 続きを読む »