「賃貸管理知識・トラブル」一覧

ビル管理の小道具

今回はビル管理にあると便利な小道具についてご紹介いたします。   1.ミニドライバーセット ねじ穴が異なるものも多いので、複数種類があるものが望ましいです。   2.カッター 配線等を切断するのに便利です。   3.巻尺… 続きを読む »

敷金診断士の業務について

今回は敷金診断士とその業務について、ビルオーナーの目線にたって解説いたします。 敷金診断士とは? 特定非営利活動法人日本住宅性能検査協会により認定している民間資格です。民間資格であるため、宅地建物取引士であれば宅地建物取… 続きを読む »

建物断水について

断水することで住居では生活に、事業用では営業活動に多大な影響を及ぼします。また、適切な点検等がなされておらず、断水によりテナントの営業活動に支障を与えた場合営業補償等を求められる等の所有者側のリスクもございます。 断水が… 続きを読む »

不動産転貸借における権利関係について

不動産の転貸借(サブリース契約やマスターリース契約)における権利関係は登場人物が多いため複雑になるケースが多いです。今回は、代表的なものと特徴をまとめましたのでご参考ください。 本記事では登場人物を下記の通り表記します。… 続きを読む »

EV充電器について

現在、世界中で脱炭素を達成するため、EV:電気自動車(以下、EVという)が急速に普及しており、様々なメディアでEVに関するニュースが発信されております。 EVに関して、一見、商業不動産の業界関係者(ビルオーナー、ビル管理… 続きを読む »

区分所有建物のテナント管理について

分譲マンションと呼ばれる区分所有建物に店舗が入居しているケースがありますが、このような場合のテナント管理はどのようにするのが一般的かをまとめてみました。   マンション管理業者の業務範囲外であることが多い マンション管理… 続きを読む »

中途解約条項について

店舗の売上が低迷したり、人員不足になったり等の理由で賃貸物件を解約したいことがあるかと思います。そういった場合に賃借人から中途解約を申し入れることもあるかと思いますが、中途解約は当然には申し入れできるわけではありません。… 続きを読む »

賃料を増額したい場合

不動産経営にあたり、オーナー様のなかにはテナントより賃料減額の相談を受けたことのある方もいらっしゃると思います。賃料の増減は、すなわち=「資産の増減」となり、不動産経営において収益に直結する、大変重要な項目の一つだと思い… 続きを読む »

2023年度不動産に関する民法改正法令

2021年に4月に民法改正され、2023年4月に施行されました。概要は以下の通りになります。 近年増加している所有者不明土地の利用を促進化する目的で改正されており、今後所有者不明の土地の発生予防の為に不動産登記法も改正さ… 続きを読む »

設備インフラの目安

店舗を開業するに当たって一般的に必要なインフラ等の設備容量について、業態別にお伝えします。(あくまでもここに記載のものは一例です。厳密には業態や用途により異なる場合がございますのでご了承ください。) 美容室 面積 約30… 続きを読む »

テナントから看板設置数の変更要望が出た場合

テナントが看板の設置数を変更したいという相談に対して、適切な対応と確認すべき内容について下記のようなものがございます。 屋外広告物法や景観法などの関係法令の確認 建物が所在する各自治体ごとの屋外広告物法や景観法などの関係… 続きを読む »

寒い季節の給湯器の取り扱いにご注意を

冬季の給湯器の取り扱いにつきまして今回は記事にしたいと思います。まず給湯器ですがおおよその耐用年数が約10~15年となっております。10年前後使用されている給湯器は温度にバラつきが出たり、お湯になるまでの時間が長くなると… 続きを読む »

駐車場を貸出する際の消費税の考え方

店舗や住宅を借りる際に駐車場も一緒に借りるパターンも少なくありませんが、駐車場を借りるにあたりその借賃が課税対象の場合と非課税対象になる場合をまとめてみました。 前提として 基本的に駐車場の借賃は施設利用の貸付にあたるた… 続きを読む »

空室が長期化するとどうなる?

  今回は長期間空室の場合に起こりえる事象についてまとめました。 収益悪化 ご所有されているだけでも、税金や保険料のご負担があり、賃料収入がないのに支出だけとなると賃貸経営の収益は悪化する一方です。   建物・外観の維持… 続きを読む »

共益費の設定と考え方

共益費とは 賃貸物件の賃貸借契約をする際、賃料とは別に、共益費を毎月請求することがあります。また、賃料に含む場合もあります。 では、共益費とはどのような費用なのでしょうか。共益費とは建物により該当する範囲は異なりますが、… 続きを読む »

不動産相続登記義務化について

2024年4月1日より、不動産の相続登記が義務化されます。今回はその影響と対策について解説します。       土地の利用促進 今回の法改正の主な目的は所有者が不明な土地の発生を予防し、土地の利用を促進させることです。 … 続きを読む »

不動産関連の資格について

不動産業務には数多くの資格が存在します。今回はその中でも国家資格かつ業務独占資格をご紹介いたします。 ■宅地建物取引士 (業務独占、必置資格) 宅地建物取引士は、宅地建物取引業法に基づき定められている国家資格者です。宅地… 続きを読む »