アセスメント業務

収益予測業務の内容

商業施設、商業ビルの所有者様、投資家様が対象資産に投資をするにあたり、概ねどのくらいの収益を確保できるかどうかの調査を、短期間にかつローコストで行うことも目的としています。
この方法として、当社では以下の2種類の方法をご提案させていただいております。

1.事例及び物件特性に基づく収益性のアセスメント(事例調査)

過去の契約事例、募集事例に基づき、物件特性を考慮して、当該物件の賃貸可能金額を予測することにより、収益性を算定いたします。
商業施設・店舗の賃貸相場は個別性が高すぎて、なかなか実態を把握するものがありませんでした。

当社は、「近隣相場比較法」「同程度商圏物件比較法」を併用して、独自の収益性算定方法により、出来るかぎり実態に近い収益算定を目指しています。

2.有力テナントの計画前ヒアリング調査(プレリーシング)

有力テナントに、実際に本計画に基づいて、テナント入居について興味があるのか、また、いくらで賃借してくれるのかを直接ヒアリングしていきます。
それにより、計画施設の収益性を算定していきます。

3.実際の業務の流れ

↓ ①クライアント様による物件資料のご提出
↓
②見積書の提出
↓
③プレリーシング詳細の決定
↓
④作業開始
↓
⑤中間リスト提出
↓
⑥リスト提出報告書提出

写真

無料ご相談・お問い合わせはこちら

ご来社予約はこちら

ビル管理費用カンタンお見積り

ページトップに戻る

お気軽にお問合せ下さい
メールで問い合わせ
お電話でのお問合せはこちら
お電話でのお問い合せはこちら|0120-884-775
PAGE TOP