複数のBM項目を1社に一括依頼するメリットとデメリット

ビル運営を行う上で、家賃管理やテナントからの問合せ等の対応業務の他、設備の管理やメンテナンス、清掃といった作業が必要となり、法令に沿った、法定点検など様々な項目があります。
点検業者はエレベーターやキュービクル等、個々の業者となる事が多く、ビルオーナー様が個々に契約を行う事となります。

今回の記事では、「ビルオーナー様が各業者に依頼し管理をされているパターン」と、「管理会社に一括で依頼するパターン」のメリット、デメリットをご紹介します。

オーナー様がご自身で業者に依頼される場合、各業者から請求・報告・連絡が行われるため、手間と感じられてしまうかも知れません。また、ビル設備にトラブルが発生した際に窓口となる業者がいないため、オーナー様が直接トラブル対応を行う必要があります。
管理会社に一括して依頼する事で、上記の様な手間がなくなる事が大きなメリットとなるでしょう。

 

管理会社に一括で依頼するパターン

メリット デメリット
請求、報告、連絡窓口が1本化される事で対応の手間や効率が良くなる。各項目をまとめて対応するための、管理費用が発生する
責任の明確化一括しての依頼のため、オーナー様自身での状況把握が行いづらくなる。
設備等のトラブルや、漏水等の事故が起きた時に、全体を把握しているため、解決方法の精度が上がる。
全体を把握し、点検スケジュール管理も代行する事で、行うべき点検作業や、必要な項目の抜け漏れがなくなる。

  

どちらが良いのか?

ビルの規模や管理項目の多さ、また、オーナー様のご意向によって最適案が変わります。
オーナー様が直接テナントの窓口対応やトラブル時の対応を行うのであれば、ご自身から業者への依頼や、指示が直接行える事でよりコントロールが行いやすいでしょう。

一方で管理は出来る限り依頼し、手間や時間を省きたいというご状況であれば、一括した依頼を行う事で繁雑した管理や手間がなくなります。弊社ではオーナー様に状況確認頂ける様、点検実施予定表を作成する等の工夫をしております。
また、テナント管理も同じ管理会社に依頼をする事で、情報や対応窓口が一本化されテナントやご入居者への対応も向上する事も考えられるでしょう。

 

 

 

弊社では事業用不動産に特化したビル管理運営業務を行っております。
建物の建築構造のみならず、不動産に関して幅広い知識を持っておりますので何かお悩みがございましたらお気軽にご相談ください。

 

ビルマネジメント概算お見積もり

選択するだけですぐお見積もりできます

各項目を選択するだけで、おおよその見積金額を自動算出いたします。

 

 

ビル管理に関する無料ご相談

ビルオーナー様のお悩みをお聞かせください

お電話・リモートでも対応可能です。まずはお問い合わせください

By | 2022年4月6日

関連記事