新規の賃料交渉はどこまで応じるべきか

不動産オーナー様にとって、賃料収入は大切な収入源です。
金融機関から借入をして新築や改築、リフォーム等を実施している場合は、返済のことも考慮し賃料設定をする必要があります。
しかし、借主様が現れない場合、収入はゼロとなり、税金や維持費が掛かるため、むしろマイナスとなってしまいます。

つまり、新たに借主様を募集する場合、募集賃料の設定が非常に重要であるといえます。
賃料相場より高い賃料に設定をしてしまうと、よほど良い立地や設備を備えていない限り、なかなか成約には至らないことが多くなるでしょう。
また、賃料相場より明らかに安い賃料に設定をしてしまうと、本来得られていたであろう賃料を得られず、場合によっては損失を出してしまうこともあると思います。

 

それを防ぐために、我々のような不動産会社を利用し、賃料相場等をお調べ頂き、慎重に賃料設定を行いましょう。
適正な募集賃料を設定し、募集を開始すると、様々な反響や問合せが入ります。
ちなみに、募集を開始してもそういった反響や問合せがない場合は、その他の募集条件を見直す必要があるかもしれません。
様々な反響の中では、オーナー様が希望する借主様がいらっしゃるかもしれませんし、そうでない方からの問合せもあるかもしれません。
そこで、次に重要となってくるのが、賃料などの交渉ごとです。

現在我が国では、物件の供給過多な状況となっております。
類似する物件も多数あり、より良い条件を求めて借主様は物件を探しています。
そんな中で希望の条件に近い物件を見つけられると、他の物件と比較をし大抵の場合賃料などの交渉をされます。
但し、全ての条件を飲んでしまうと、本来得られるべき賃料を下回り、結果損をしてしまうということにもなりかねません。
その際に、重要となるのが募集を依頼している不動産会社の意見です。
借主様の内容を十分確認し、募集を開始してからの反響や問合せ状況などを勘案し、その交渉内容が適正であるかの判断を仰ぐのです。
その上でオーナー様ご自身で最終判断をして頂き、オーナー様、借主様それぞれが納得のいく条件にしていきます。
つまり、募集条件はあくまで指標であり、それが絶対的な条件でないとお考え頂くことが、早期成約への近道かもしれません。

(※「契約中の賃料交渉はどこまで応じるべきか」もぜひご参照下さい)

 

 

By | 2016年8月9日

関連記事