賃貸管理の実務」カテゴリーアーカイブ

賃料増額交渉が調わない間のオーナー様が取るべき行動は?

賃貸不動産における賃料の増額は、収益還元価値を増加させ、オーナー様にとっては所有不動産の資産価値向上に繋がります。 その為、不動産の保有継続、または売却するにしても、入居テナントとの賃料増額交渉はビル運営の重要な一部とな… 続きを読む »

更新を忘れてしまった場合のリスクとは

賃貸契約期間満了にあたり、契約の終了時期を延長し、同一の契約を引き続き存続させることを「更新」といいます。 この更新の手続きを忘れるとこれまでの契約はどうなるのでしょうか?そんな更新の手続きを忘れてしまった場合のケースを… 続きを読む »

代理納付に関して

賃貸経営をされているオーナー様の中には、賃借人さんに賃料を滞納されて困っている方もいらっしゃるのではないでしょうか。 賃貸借契約を締結する際に、賃借人に家賃保証会社に加入を義務付けている場合はまだしも、そうでない場合は、… 続きを読む »

賃料滞納テナントに出す内容証明の書き方

入居テナントが賃料滞納をした際には、段階をおって法的な対応をしていかなければなりません。その途中の段階で必要となるのが内容証明郵便です。 内容証明郵便とは、「誰が」「誰宛てに」「いつ」「どういう内容の郵便を」送ったのかを… 続きを読む »

借主様が外国人の場合の問題

外国人が日本に滞在するためには在留資格(ビザ)が必要であり、これがなく日本に滞在すると不法滞在となり、刑罰や強制退去となります。現在日本では、27種類もの在留資格を定めており、就労が認められる在留資格、在留が認められない… 続きを読む »

パススルー型サブリースのうまい利用方法

パススルー型サブリースとは、不動産会社(管理会社等)が賃貸物件を借り上げ(マスターリース)、第三者へ転貸(サブリース)し、入居テナントから「回収した賃料に応じて」(*1) ビルオーナー様へ賃料を支払うスキームです。 従来… 続きを読む »