テナント」タグアーカイブ

更新後の連帯保証人の責任

連帯保証人は、建物賃貸借契約における責任として、賃借人の負うべき債務の全てを保証することとなります。例としては、賃料の不払い時の賃料支払い義務や、原状回復をせずに明渡しをした際の原状回復義務などです。このように、連帯保証… 続きを読む »

代理納付に関して

賃貸経営をされているオーナー様の中には、賃借人さんに賃料を滞納されて困っている方もいらっしゃるのではないでしょうか。 賃貸借契約を締結する際に、賃借人に家賃保証会社に加入を義務付けている場合はまだしも、そうでない場合は、… 続きを読む »

賃貸借契約締結から契約開始までにテナントが解約を申入れた場合の注意点

オーナー様の中には、入居(出店)希望テナントの契約開始希望日が、即引渡し可の物件にも関わらず数ヶ月後先であり、その希望を受け入れる代わりに、賃貸借契約を早期に行ったというご経験をされた方が多数いらっしゃるのではないでしょ… 続きを読む »

賃料滞納テナントに出す内容証明の書き方

入居テナントが賃料滞納をした際には、段階をおって法的な対応をしていかなければなりません。その途中の段階で必要となるのが内容証明郵便です。 内容証明郵便とは、「誰が」「誰宛てに」「いつ」「どういう内容の郵便を」送ったのかを… 続きを読む »

借主様が外国人の場合の問題

外国人が日本に滞在するためには在留資格(ビザ)が必要であり、これがなく日本に滞在すると不法滞在となり、刑罰や強制退去となります。現在日本では、27種類もの在留資格を定めており、就労が認められる在留資格、在留が認められない… 続きを読む »

普通建物賃貸借契約と定期建物賃貸借契約の違い

1.普通建物賃貸借契約と定期建物賃貸借契約 物を貸して賃料をもらうことを約束する契約を賃貸借契約といい、賃貸借契約については民法に規定があります。 しかし、建物の賃貸借については、借家人保護の見地から借地借家法という特別… 続きを読む »

貸主様の高齢化に伴う問題

昨今、日本は高齢化の一途を辿っており、近い将来に4人に1人が75歳以上という超高齢社会になると言われております。それは、不動産賃貸業界にも様々な影響が出てくることが考えられます。 そこで今回は、貸主様がご高齢になり、認知… 続きを読む »